太りたい人が効率的に体重を増やす方法! 今はサプリで手軽に増量する時代

太りたい人が効率的に体重を増やす方法!

太りたいと思っている人が存在する!?

にわかには信じがたい事だが、世の中には「太りたい」という願望を持っている人が存在するという(以下はその証拠)。

勿論私自身はそう思ったことは一度もなく、ここ10年くらいは「痩せたい」と思いながら、ずっと太っていっているだけだ。
そんな私からすると、「太りたいなら食べればいいじゃん」の一言で片付いてしまう問題なのだが、この悩みを抱えている人からすると、そう単純でもないらしい。

太りたいけど体重が増えない人は、大きく分けて2つの理由がある。

  • 沢山食べられない
  • 沢山食べても体重が増加しづらい

前者は分からないでもないのだが、実は後者が原因で太れない人もかなりの数いるようだ。

たしかに、私の周りの痩せ型の人に「どうして太らないんですか」と聞くと、必ずと言っていい程「食べても太らないんだよ」と言われる。

正直、そんな都市伝説のようなことがあるかよ! と思っていたのだが、痩せている人はいつまで経っても痩せていて、中年太りとは無縁のようである。

何故太りたいと思うのか?

もちろん、適度な痩せ具合であればなんの問題もないのだろうが、そうじゃないから「太りたい」という願望が生まれるのだ。

男性でも女性でも「痩せすぎ」に悩む人は多い。
男性はガリガリ体系でかっこ悪いし、女性の痩せすぎも「スタイルが良い」とはまた違うのだ。

具体的な痩せすぎのデメリットは以下のようなことが上げられる。

  • 体形のバランスが悪い(顔が大きく見える等)
  • あばら骨が浮き出て見え、かっこ悪い
  • 腕が細くてかっこわるい(主に男性)
  • 舐められる(主に男性)
  • 体力がない
  • このまま痩せ続けると死にそうな気がする

上記デメリットを想像しやすいのは、お笑い芸人であるアンガールズのお二人だろう。
人気番組の「アメトーーク!」では、彼らの痩せすぎで気持ち悪いという部分が頻繁に放送されている。
つまり極端な痩せすぎは、ビジュアル的にマイナスになってしまうということだ(もちろん太りすぎも同じように)。

何故、沢山食べていても太れないのか

太れない原因は“栄養バランス”にあった?

何故太りたいけど太れないのか。何故沢山食べているのに太れないのか。
それはズバリ「栄養バランス」が悪いからである。

今、太りたいけど太れないという悩みを抱えてこの記事をご覧になっている方は、ご自身の食生活を見直してみてほしい。そして以下の質問に正直に答えてみよう。

あなたは偏食ではないですか?

「はい」と答えた人は、まさにそれが太れないことの大きな原因であると考えられる。
これほどまでに自信を持って質問をしたのは、私の周りの痩せ型(痩せすぎ)の人も、かなりの偏食であることが多いからだ。
それこそ、「主食はポテチとコーラ」というような超偏食である。
明らかに太る食事を摂っていていて、なぜか全く太らないのである。

もちろん、そこまで極端な人も少ないだろうが、食べているのに太れないと思っている人は、少なからず栄養バランスが偏っていると考えられる。

胃腸が万全でないと、効率よく吸収できない?

口に入れたものが筋肉や脂肪、骨、エネルギー、その他諸々のものに変わるとき、それには必ず胃での消化と腸での吸収を経ることになる。
いくら沢山食べていても、消化不良を起こしていたり、腸の細菌バランスが崩れていて常に下痢や便秘に悩まされているような人は、なかなか太ることはできないと考えられる。
よく摂取カロリーが全てだと言う人がいるが、そうではない。口に入れるカロリーを計算したところで、体に活かされている量は、人それぞれ違うのだ。

つまり、痩せたい時と逆の方法を試せば良い

ここで、逆にダイエットの時にはどういう行動を取るかを考えてみよう。
痩せたい時(つまりダイエット時)に行う一般的且つ、強力な方法は以下だ。

  1. 炭水化物を抜くなどの、食事制限ダイエット
  2. 難消化性デキストリンなどの、食物繊維の摂取

①番は、他にもいろいろな食事制限ダイエットがあるが、その殆どは「これしか食べない」とか、「この栄養素は一切摂取しない」などの、意図的に栄養の偏りを作り出す方法である。
様々な見解はあるだろうが、意図的に体の栄養バランスを崩すことで強制的にダイエットをするのだ。

②番は、特定保健用食品(トクホ)などで一般的な方法である。
トクホのコーラなどには必ずこの「難消化性デキストリン」が含まれるが、これは簡単にいうと、食物繊維である。
食物繊維は消化吸収できずに、便となって排出されるのだ。だから、便秘の時に食物繊維を摂りすぎると、さらに便が固くなってしまうとも言われているし、逆に軟便の時には調子を整えるとも言われている。
どういうことかというと、痩せたい時には意図的に消化できない食材を沢山摂取しているわけだ。

難消化性デキストリンのサプリメントを見る

 

つまり、前述した太れない原因である「偏った栄養バランス」と「消化吸収率の低下」は、ダイエット時の王道パターンであり、その状態に無意識に陥っている人は、当然太ることなど不可能だと考えられる。

 

太ることを徹底的に考え抜いたサプリが存在する

さあ、本題に入ろう。
「太りたいけど太れない」という悩みを解決することは可能なのだろうか。

これは、前述の「太れない原因」を解決することで可能である。

では、どんな方法で「栄養バランスの偏り」と「吸収率改善」ができるのか。
これは、2つの方法があるようだ。

  1. プロテイン(ウエイトゲイナー)を飲んで太る
  2. サプリメントを飲んで太る

 

①のウエイトゲイナーという類のプロテインを飲むという方法は、手軽に太ることを考えた時に、最も一般的な方法だろう。
しかし、太りたくても太れない理由が、沢山食べられないからという人は、毎日ウエイトゲイナーを飲むことすら難しいらしい。また、単調なプロテインの味に飽きて、結局継続できずに終わってしまうことが多い。
それに、ウエイトゲイナープロテインというのは、ガリガリの男性が筋肉と脂肪を一緒に付けたい時に、効果を最大限に発揮するものであり、ただ太りたいだけの人には向かないかもしれない。
ちなみにウエイトゲイナーは、大手のプロテインメーカーだったら、だいたい取り扱っている。



【ウエイトナチュラ+】はカプセル型の増量サプリ

体重を増やす為のサプリメントを色々探してみたのだが、やはりプロテイン形式のものが圧倒的に多い。

そんな中で発見したのが、【ウエイトナチュラ+】という、カプセル型の増量サプリだ。

【ウエイトナチュラ+】の特長・メリット
  • カプセル型なので全く食欲がない時でも飲むことができる
  • プロテインとほぼ同じような価格帯
  • 男女兼用
  • お子様から高齢者まで飲むことができる
  • 香料・保存料・漂白剤・防カビ剤・香料発色剤・膨張剤・苦味料・光沢財不使用
  • 定期購入で常に3,000円オフ

 

【ウエイトナチュラ+】は所謂プロテインウエイトゲイナーとは全く違う増量サプリメントだ。このサプリメントが重要視しているのは、先述した消化吸収である。

一般的に「太る」栄養素である「脂肪」「炭水化物」「たんぱく質」をただただやみくもに摂取するのではなく、消化を助ける為の酵素などを配合することで、消化不良を避け、またエネルギーを効率よく使うことで、摂取した栄養素をしっかりと自分のものにしていくことができる。

以下は公式サイトからのQ&Aだ。

こんなに食べても私だけ変わらないのはどうして?

人の体には、消化酵素と代謝酵素があり、食物を食べた際に、まず消化酵素が植物を分解するのですが、 食べ過ぎると消化酵素が大量に必要となり、それをつくることに体がエネルギーをつかい過ぎることとなり、 代謝などに使いエネルギー不足や、消化不良が起きて、栄養を吸収できないという状態を招くことがございます。

 

考え抜かれた栄養バランス

先述の通り、栄養バランスが崩れている偏食の人は、意外にも痩せすぎに悩んでいる事が多い。
ウエイトナチュラ+は、消化を助けるだけではなく、崩れてしまいがちな栄養バランスをしっかり補うことができるサプリメントで、マルチビタミンも配合されているので、今様々なサプリメントを既に飲んでいる人は、一本化を図っても良いかもしれない。

■和漢
人参・陣皮・生姜

■酵素(消化酵素)
プロテアーゼ・マルターゼ・アミラーゼ・ラクターゼ・セルラーゼ・リパーゼ・スクラーゼ

■マルチビタミン
ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸Ca・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンA・ 葉酸・ビタミンD・ビタミンB12

 

【ウエイトナチュラ+】を実際に試している人も大勢いるようで、Twitterなどでも呟かれている。

まとめ

太るということを考えた時に、「沢山食べる」か「消化」のどちらが重要かと問うと、恐らくほとんどの人は沢山食べることが重要だと答えるだろう。
だからこそウエイトナチュラ+のようなアイテムは画期的だと思える。
プロテインを飲むことに苦痛が無い人は、ウエイトナチュラ+のような消化を助けるサプリメントと合わせて摂取することでさらに効率よく太ることができるのではないだろうか。

やはり、太りたいという願望を持った人は現実にいて、そしてなかなか太れないと悩んでいるらしい。私のように太りやすい体質の人とは真逆の悩みなので、なかなか理解できない部分もあるのだが、その原理に着目すれば、以外と近い悩みなのかもしれない。

関連記事

関連記事がありません。