SEO外部対策は管理表のようなものをつくるべし

SEO外部対策はリスクがある。
グーグルは自然に発生したリンクを評価するので、個人で外部対策をやる場合にはできるだけ自然に見えるような対策をしなければいけない。
そこで、どの保有サイトがどの本サイトにリンクしているのかを図にして、客観的に見ておかしい部分がないかを常にチェックすることにした。

作成した図はコレ↓

seokanri

ドメインやサイト名はマスクしている。
できればサイト開設日とリンク設置日を記せるようにしたほうがより良いかもしれない。

外部リンクは増えれば増えるほどどうなってるのかわけがわからなくなるので、パッと見でこういう図表を作っておくと新サイト立ち上げの段階でもいろいろと解りやすいと思う。

現在のこの表では衛星三階層からのリンクが1サイトに集中してしまっている。
これは結構昔に作ったサイトの名残(衛星二階層のサイトが昔は本サイトだった)である。

だが、ここに集中させているせいで、本サイトにリンクを送っているほかの衛星二階層のサイトには、現在の衛星三階層のサイトからはリンクが送れないことになる。

衛星二階層でサーバまで本サイトとサーバまで分けて偽装できているにも関わらず、その衛星二階層のサイトへのリンクが全部同じサイトからではとっても怪しいからである。

つまり他にもたくさん衛星三階層サイトを立ち上げなければいけないということになってしまう。

これは結構骨の折れる作業である。

がしかし、競合サイトはここまではやっていないであろうと予想されるのでなんとかそこで勝つしかない。

ちなみにこのリンク形式ははっきりいってスパム扱いされやすい。
というかほぼ間違いなくスパム扱いされているであろう。

無料ブログで記事を1個だけ書いて衛星二階層サイトに一極集中させているからである。

がしかし、このリンクを集めている衛星二階層のサイトはなぜかSEO的に高評価を受けているという現状がある。

うーん。何がスパム扱いされるのかいまいちわからない。

基準的には完全にスパムなはずだが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です