絶対起きれる光目覚まし時計 inti(インティ)は、どれくらいすごいのか検証してみた

光目覚まし時計inti

私が絶対起きれる光目覚ましinti(インティ)を選んだワケ

遅刻

まず、私はすこぶる朝が弱かったです。(過去形)
社会人7年目の普通のサラリーマンですが、何回会社に遅刻したことかわかりません。 決してだらけているわけでも怠けているわけでもないのです。
きっちり時間通りに出社したいのに、どうしても朝起きれない・・・。 いや、一応目覚ましの時間には起きれるのですが、結局目覚ましを止めて二度寝してしまう。
理由ははっきりしませんが、とにかく目が覚めても体が起きれないのです。
私と同じような状況の方は多いと思います。

そんな私が、このintiという目覚まし時計に出会ってから一切の遅刻をしなくなりました。
これまで目が覚めてもとにかくダルかった朝が、intiで目覚めてからとてもスッキリとした目覚めになったのです。
ここでは私の実体験と、その他の情報を徹底リサーチして「絶対起きれる光目覚まし時計」”inti”について紹介していきたいと思います。 ただ、結論から言うと朝どうしても起きられない方は絶対にintiを使った方がいいです。

inti(インティ)ってどんな目覚まし時計?

intiで目覚める

さて、絶対起きれる光目覚まし時計としてご紹介しているintiですが、いったいどんな目覚まし時計なのでしょうか。
intiは光の力で起きる「光目覚まし時計」です。 通常の目覚まし時計は殆どが「音」で目を覚ますタイプですが、intiは起床時にintiから出る光を浴びることによって目を覚ますというものです。

光で本当に起きれるの?

間違いなく起きれると言えます。
人間の体内時計は太陽の光によって正しい動きをすると言われています。
夜になってきて暗くなると自然と眠くなるようになりますし、朝日を浴びるとスッキリと目が覚めます。
しかし現代人の生活では日が昇ると同時に起きるという風にするのも難しいですし、朝日が十分に入らない部屋で寝ている方も多いと思います。 つまり、人間の体のつくりから考えて、これまでの「音」で起こす目覚まし時計よりも「光」で起こす目覚まし時計の方が圧倒的に理に適っているのです。

inti起きれる理由

努力から習慣へ

なぜ朝起きることがつらいと感じるのでしょうか?
私の持論ですが、「目覚めが悪いから」「朝起きることにストレスがあるから」朝がつらいと感じるのだと思います。
この記事を見て頂いている殆どの方が、朝起きることに労力を費やし、不快感を感じ、でも起きようと”努力”をしていると思います。
ですが、intiはその努力を”習慣”に変えてくれるのです。
朝起きることが極々自然な行為であり、その行為に不満や労力がかかるということが一切なくなります。
体が起きると言っているので起きる。という状態になります。 この目覚めが”努力”から”習慣”に変わったことを実感した瞬間、自分の中に革命が起こった気がします。 目覚めというものの概念そのものがまったく変わったものになるのです。

なぜinti(インティ)が絶対起きれる光目覚まし時計なのか?

intiで体内時計リセット

1.セロトニン

2,500ルクス以上の明るい光を目から、浴びると活性化する目覚めを促す脳内物質。

2.メラトニン

睡眠を促すホルモン。セロトニンは夜暗くなるとメラトニンに変わる。

3.体内時計

朝の光でリセットされる。1日の覚醒と睡眠のタイミングをコントロール。

詳しいい機能はこちら>

最近メディアに引っ張りだこのinti(インティ)

intiの機能をご紹介する前に、最近のintiのブームについて触れたいと思います。 ここ数か月で様々なテレビ番組や雑誌にintiは取り上げられています。 全国ネットの朝の帯でやってる情報番組などでも特集が組まれて紹介されていました。 この記事を見て頂いている方はそのメディアの情報をすでに見られている方も多いかと思います。
一部抜粋でもご覧のメディアで紹介されているみたいです。

人気が出すぎて品薄に

私がintiを購入した時は、注文してからすぐ手に入りました。
しかし現在は上でも触れたメディアでの紹介の影響ですごく品薄状態になっているようです。
2016年1月時点で注文から3か月待ちという状況みたいです。 おそらく生産が安定してくれば品切れも解消されると思います。 それくらい現在のinti人気はすごいようです。
まぁ確かにこれだけ効果のある時計ですので、どうしても欲しいという人は多いでしょう。
ご購入はこちら

当サイトが確認済みでinti(インティ)が確実に購入できるのは公式サイト、楽天の2媒体となります。
ただし、入荷品は公式サイトに優先的に回されるようですので、TVなどで取り上げられた次の日などで、早く手に入れたいという方はinti(インティ)公式サイト でのご購入をおすすめします。

inti(インティ)を使うワケ

従来の「音」で起こす目覚ましのデメリット

目覚ましのデメリット

起きることを「努力」から「習慣」へということを前述しましたが、これまでの音で起きる目覚まし時計が如何に朝の寝起きに悪い影響を与えているかを考えてみます。
まず、体内時計は朝の光でリセットされますが、音で強制的に起こされても体内時計はリセットされません。
むしろ朝から自律神経を乱れさせるということに繋がります。 眠っている状態からいきなり大きな音が鳴っても体がびっくりしてしまうだけなのです。
よく、目覚ましが鳴る前に起きてしまうという方がいますが、それは目覚まし時計の音の恐怖が体に染み込んでしまっているからです。 私もよく目覚ましが鳴る前に起きていましたが、目覚ましを止めてからすぐ二度寝して結局寝坊してしまうことが多々ありました。
つまり目覚ましの鳴る前に起きたところでスッキリは起きれていなかったのです。
むしろ体が緊張した状態で目を覚ますのでダルいだけでした。
大きな「音」で起きるというのは、朝が辛いということを作りだしている最大の原因だと言えるわけです。
これまでの当たり前な目覚め方がまさかこんなに体に悪いなんて・・という感じですね。 確かに、私の周りで「朝強いよ」って人は見たことないかもしれません。

太陽光ではなくintiを使う訳

カーテンを開ければ太陽光が入ってくる家であれば、カーテンを開けて寝ればいいのでは?もしくはタイマー付きのカーテンを使えばいいのではないかと思われるかもしれません。 確かに太陽光はintiの出す光よりも光の「質」という面では勝っているでしょう。 人間が誕生した段階から存在する太陽の光にさすがに機械の光が勝てるとは思えません。 しかしintiは窓から浴びる太陽光より優れている点が沢山あります。

1.安定した光量

安定した光量

まず、太陽光はの光量は天気によって大きく左右されてしまいます。
雨の日に体がだるい原因は低気圧などもありますが、朝の太陽光の量が足りないことで自律神経が乱れていることにも原因があると思われます。 その点intiで目覚めれば、常に安定した光量で目覚めることができるので、雨の日でも幾分かスッキリするでしょう。

2.目覚めの時間を自分で指定できる

目覚めの時間を自分で指定

これは太陽光ではなくintiを使う最大の理由ですね。
太陽光があなたの起きなければいけない時間に合わせて昇ってくれるわけではありません。
常に一定の時間に起きる方は、夏場はいいけど冬場は太陽が昇っていないうちに起きなければいけないとか、その逆もあるかもしれません。 その点、intiは常に時間を自分で指定できるので太陽よりも優れていると言えます。

3.太陽光のデメリット 紫外線を防げる

太陽光のデメリット

女性の方は、カーテンを開けっ放しにはしたくないという方は多いです。
朝日でも日焼けするには十分な量の紫外線があります。
その点intiは紫外線をほとんど出さないので、太陽光で起きるよりも優れていると言えます。

家庭の照明ではなくintiを使う訳

intiを使う訳

家には電気が必ずついているので、その照明にタイマーをセットしておけばよいのでは? そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、家庭の照明では圧倒的に明るさが足りていないのです。
明るさの単位であるルクス(lux)で換算すると、朝の目覚めに必要な明るさは2,500ルクス以上と言われています。
しかし家庭用の照明では700ルクスしかありません。
夜に入るとすごくまぶしく感じるコンビニの照明ですら1,500ルクスしかないのです。
その点intiは、1cmの距離では朝日の光量を超える80,000ルクスがあります。 設置場所から人の顔までが30cmあると仮定すると、人を起こすのに最適な2,500ルクスが確保できるというわけです。

inti(インティ)の機能について

絶対起きれる光目覚まし時計としてご紹介しているintiですが、ただ明るい光を設定時間に放つだけではありません。 私が絶対起きれる光目覚まし時計と言うのは、そのintiの充実した機能にもあります。

1.サンライズ(日の出)機能

サンライズ(日の出)機能

目覚めの瞬間と、体内時計をリセットするための光の明るさはそれぞれ適切な明るさがあります。 まず目覚めの瞬間は朝日を再現した暖色のLEDで目覚めることができます。

2.最大80,000ルクスで体内時計リセット

最大80,000ルクスで体内時計リセット

サンライズ機能を使用した後は、さわやかな太陽の昼白色を再現した明るい光を浴びるようにします。
これにより体内時計がしっかりリセットされ、気持ちの良い一日がスタートできます。
サンライズ機能を使用した後は、さわやかな太陽の昼白色を再現した明るい光を浴びるようにします。
これにより体内時計がしっかりリセットされ、気持ちの良い一日がスタートできます。

3.リラックス機能

リラックス機能

枕元に置く照明は1つで十分です。 明るい光だけでは夜寝る前のリラックスは得られませんが、intiにはろうそくのゆらぎを再現したリラックス機能が搭載されています。
0~5ルクスなので、夜光をつけていないと寝れないという方にもおすすめの明るさです。

4.万が一のためのサンダー機能

サンダー機能

これはintiの本来の使い方から外れてしまいますし、気持ちのいい目覚めを実現するためには使用してほしくない機能なのですが、購入したばかりでは光で本当に起きられるか心配になると思います。
そんな方のためにサンダー(雷)スヌーズ機能が搭載されています。
万が一光で目を覚ませなかった場合に光と音であなたを目覚めさせます。

5.スマホアプリとの連携機能

スマホアプリとの連携機能

intiはスマホアプリを導入することで様々な設定をすることができます。 これから時差ボケ対策などのバージョンアップなども導入される予定みたいです。 もちろんアプリがなくても通常通り使用することができます。

inti(インティ)自信の表れ!満足できなかった場合90日間全額返金保証!

intiは目覚まし時計の中では高い部類に入ります。
その為、購入障壁は少し高めです。 しかし、その購入障壁を解消する素晴らしい保証を実施してくれています。
それが90日間全額返金保証制度です。 多数のメディアにも紹介され、その実力が証明されており、開発者側もintiで朝目覚めることへの自信があるということでしょう。 不安のある方でもこの返金制度があるので安心して購入することができます。
※保証制度の詳細は公式サイト をご確認ください。

みんなの口コミ

気持ちの良い目覚めをくれます。
今までは好きな曲を目覚まし代わりにかけていました。好きな曲が嫌いになりそうな程起きることが苦手でした。=無理矢理起こされている感。
こちらの光目覚まし時計は希望の時間にふわ~っと目が開きます。=自分から起きている感。
同じ『起きる』ですが、全く別の『起きる』でした。
何も予定の無い休日に、極限まで寝て自然と起きるあの感じです。
生活の中で、睡眠に関するものだけは質の良いものを使うと決めていて、それなりにこだわってきましたが、これでやっと完成したのではと思います。
どんなに良い眠りができていても、起きることが不愉快でほとほと困っていました。 『終わり良ければ総て良し』って、このことだったのか?と思います。
>ヘッドボードと壁の隙間に、本体後ろのスタンドを伸ばして差し込んでいます。問題なく安定しています。(正しい使用方法ではないですが…) ・私は使用初日から光だけで起きられました。
購入前は「おー...高いねぇ」と言っていた主人が、今は「買って良かったね」と言っているので、そちらに関しても安心しましたw

出典:楽天

初回から起きれた
いつも爆音の目覚まし時計をかけても全然起きれずに困り果て、この商品を買いました。
初日あえて遅めに寝て、通常の起床時間にタイマーを設定、光量最大設定にて実験開始。
アラーム設定時間に無事にお目覚めとなり、いつもなら起きても1時間程度猛烈な眠気に襲われますが、説明書通りに行動してみて眠気も完全にとは言わないけど改善が大きく見られました。
私の場合、真っ暗じゃないと眠れないのですが、それを妨げる事なく寝れました。真っ暗な状態じゃない寝れない人にはお勧めかなと思います。

出典:楽天

不眠解消のために
使い始めて、まだ1週間だが、光だけで起きれるし、目覚めが良い。体内時計を調えて、朝、夜のリセット!夜、入眠がスムーズになるように期待します。

出典:楽天

うちには効果ありました
高校生の息子に購入。
もともと朝が大の苦手なうえに、部活で疲れ果て眠りが深いせいか、早朝勉強しようと目覚ましを3つかけても起きれず。
壁を隔ててとなりの部屋で寝ている家族が、息子の目覚ましのあまりのうるささに起きる始末。朝から家族皆が機嫌が悪い状態でした。仮に息子が起きれても、椅子に座ったまま寝ていたり。。 お値段高い目覚まし時計と思いましたが、効果がなければ返金してもらえばいいと購入しました。
個人差あるかと思いますが、うちには効果ありました。自然に目覚め、寝起きもいいようです。使用し約2週間経ちますが9割近くは起きれています。今朝も4時に起き勉強したそうです。
マイナス☆は、設置方法の改善(多様化) 置き型の時計の為、寝相が非常に悪い息子には、工夫が必要でした。天井にフックを付け、時計本体に太めのヒモを通し、フックにかけることでまんべんなく光が当たるようにしました。見た目、電源コードがビヨーンと吊るされてみっともないですが。「起きる」ことがメインなので仕方ない。。。

出典:楽天

高価だけれど
一週間、使ってみました。
設定時間の10~15分後ぐらいに自然に目が覚めています。
目覚まし時計で起こされていた時より、起床時のがっかり感が少なくなり、朝のイライラも減ってきたように感じます。
いい商品だと思います。
ただ私の場合、頭痛持ちでまぶしい光に弱いので、発光面を顔に向けておくと眼球の上のほうが痛くなりましたので、今は、胸からお腹ぐらいの位置に角度を調節して使っています。 また、目が覚めるのと起きるのとはまた別で、もうちょっと寝ていたいなぁという気持ちはなくなりません。
壁への取り付けが結構大変だったので-1です。スタンド部分がはずれてくれるとフックを使いやすいと思います。角度調整用のスペーサーとかあればいいと思います。

出典:楽天

なかなかです
今までは朝日の灯りで目覚めていましたが、季節がら、朝が暗く困っていたところ見つけた目覚まし時計。
最初の2.3日は慣れませんでしたが、1週間程で慣れてきました。
徐々に明るくなるのでストレスもなく、良い感じの目覚めです。
不満な場合は3ヶ月後に返金というのも安心して使えるところです。

出典:楽天

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私自身が自ら試してみて「絶対起きれる光目覚まし時計」として実感したinti。
朝どうしても起きられないということで悩んでいる方は絶対に試した方が良いです。
人間の体は「朝、強い光を浴びる」ということで様々なメリットがあります。 intiを使用してからそれをはっきりと実感するようになりました。
朝起きるのが楽というだけでなく、1日を通して体が軽く気持ちよく生活ができるようになっています。
起きる気はあるのになぜか体が言うことを聞いてくれない・・・。
昨日の夜は「明日こそ早く起きる」と決意して寝たのに、朝起きたら平気で二度寝してしまう・・・。
そんな方、あなたの意思が弱いわけではありません。 そうなってしまうのは必然であり仕方のないことです。
そんな”努力”という概念が当たり前の目覚めをintiを使って”習慣”に変えてしまいましょう。
ご購入はこちら

当サイトが確認済みでinti(インティ)が確実に購入できるのは公式サイト、楽天の2媒体となります。
ただし、入荷品は公式サイトに優先的に回されるようですので、TVなどで取り上げられた次の日などで、早く手に入れたいという方はinti(インティ)公式サイト でのご購入をおすすめします。